Event is FINISHED

マルレク基礎「量子コンピュータ入門
-- 量子コンピュータと人工知能 -- 」

Description
このセミナーは、オンラインで開講します。受講を申し込まれた方には、セミナー当日、セミナー視聴用のURLをPeatixのメッセージを通じて配布します。コンテンツは、リアルタイム配信ではなくYouTubeで配信しますので、いつでも都合の良い時間に見ることができます。

(9/12 タイトルを変更し、アジェンダを追加しました。)


量子コンピュータに対する関心は確実に広がっています。もっとも、量子コンピュータで今日・明日にも世界が変わるわけではありません。ただ、10年-20年のスパンで考えれば、21世紀半ばの世界が、量子技術の活用によって大きく変わるのは確実だと僕は考えています。

「将来重要になるかもしれないが、今は役に立たないのも確実。」

IT技術者が、量子コンピュータを学ぶことに歯痒さを感じるのは、そういう思いがあるからだと思います。また、そうした判断が間違っているわけでもありません。

ただ留意して欲しいことがあります。

一つは、21世紀初頭 ITの世界で進行したデータセンターからクラウドへ、PCからモバイルへの移行は、大きな技術的・ビジネス的飛躍でしたが、ある意味では技術的には連続していました。多くのIT技術者はその変化に追従し、ある場合にはその変化を牽引することが出来ました。ただ量子技術の場合には、原理的なレベルで非連続さが存在します。技術的な準備が必要です。

もう一つは、量子コンピュータ関連の理論と技術は、日々、「進化」しているということです。それは、いつまでも未完成で非現実的な技術にとどまっているわけではないのです。関心を継続するのには、現在の到達点を知ることが一番だと思います。

今回のセミナーは、量子コンピュータをはじめて学ぶ人を念頭においています。

セミナーの第一部では、量子コンピュータがどのような原理に基づいているのかを、量子ビット・量子ゲートといった基本的な概念から解説したいと思います。

Part I 量子コンピュータの基礎
  • 量子ビット -- 量子の状態をベクトルで表現する
  • 量子ゲート -- 量子の状態変化を行列で表現する
  • 量子回路 -- 複数の量子の状態をテンソルで表現する
  • 量子の不思議 1 – 量子の状態は観測できない?
  • 量子の不思議 2 – エンタングルメント
セミナーの第二部では、量子暗号、Quantum Parallelism といった量子アルゴリズムの基礎を、アダマール・ゲートの働きを中心に紹介します。

Part II 量子アルゴリズムの基礎
  • 量子コインと量子暗号
  • Quantum Parallelism
  • エンタングルメントと量子通信
続く第三部では、量子コンピュータの現在の到達点を知るために、その歴史の中でのエポックメーキングな出来事を紹介します。ショアのアルゴリズムの発見と昨年のGoogleによる量子優越性の実証実験、今年の計算複雑性での大きな発見を取り上げます。

Part III 量子コンピュータの歴史と到達点
  • ファインマン  1982年 自然をシミレートする量子コンピュータ
  • ショア 1994年 量子アルゴリズムの力
  • ローズ (D-Wave) 2011年 量子コンピュータ実現の困難さと新しい道
  • Google (マルチネス) 2019年 量子超越性の実証


最後の第四部では、最近の知見も踏まえて、量子技術の応用が未来のITの世界にどのようなインパクトを与えうるかを考えます。ここでは、強力な計算パワーを持つ量子マシンの登場が、人工知能技術へどのような影響を与えるのかを、「人間と機械の共生」という視点から考えたいと思います。

Part IV 量子コンピュータと人工知能論
  • 「機械は考えることができるか?」 
  • 現代の生命観 -- 分子機械としての人間
  • 機械の知能の計算主義モデル
  • 人間と機械の知能の限界を考える
  • 複雑性理論の新しい知見
  • 人間と機械の「共生」について

参考資料
第一部:「たとえ話で理解する量子の世界」
  https://www.marulabo.net/docs/q-talk/
第二部:「量子コンピュータの現在 — 量子優越性のマイルストーンの達成 —」
  https://www.marulabo.net/docs/q-supremacy/
第三部:「人工知能と計算科学」
  https://www.marulabo.net/docs/aicomp/
Updates
  • タイトル は マルレク基礎「量子コンピュータ入門 -- 量子コンピュータと人工知能 -- 」 に変更されました。 Orig#773391 2020-10-12 08:30:29
More updates
Sat Oct 17, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
丸山レクチャーズ会員  無料 FULL
10代-20代  無料 FULL
一般 SOLD OUT ¥1,500
Organizer
マルレク
1,216 Followers

[PR] Recommended information